滝元館 遊季の里 

 

 こちらの旅館様「滝元館 遊季の里」では、お客様のご到着時まず和菓子と抹茶をいただけます。ロビーからの眺めはとても良く

春には桜、秋には紅葉と四季折々の景色が楽しめます。この和菓子は美しい眺望に合わせ和菓子からも四季を感じていただけるよう心を込め、また少しでもお客様の旅の癒しになればと当店が丁寧に作った物を毎日お届けしています。

(こちらの旅館様での和菓子と松野屋での店頭販売の和菓子はデザインが多少異なる場合がございます)

 

 

宿泊のご予約・お問い合わせはこちら→滝元館 遊季の里公式HP

 

 


 二月は初花月、麗月とも言われ暦の上では春を迎えますが、まだ余寒去りやらぬ気候です。しかしそうした寒さの中にも清雅な香りを放つ梅の花が人々の心を和ませ、その枝に宿る鶯や残る雪間からの下萌えの様子は確実に春の訪れを感じさせてくれる季節でもあります。二十四節気の立春・雨水の時期にあたります。

雪割草(きんとん)¥172

雪割草は、まだ雪が残る早春に花を咲かせます。一般に「雪割草」と呼ばれるものには、オオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウがあり、花の少ないこの時期に赤、ピンク、白、水色、紫など色とりどりの花色があり、二段咲きや八重咲など花の形もバリエーション豊富で愛好家も多い山野草です。


草萌え(鹿の子) ¥183

 暦の上では立春を迎えますが、実際はまだまだ寒い日が続きます。しかし積もった雪の下からは小さいけれど、力強く緑が芽吹き始めています。春はもうすぐです。 

 


水仙の郷(練切り) ¥183

 水仙は、中国の古典の「仙人は天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」に由来しているそうです。また、学名をナルシスといい、自分の美しい姿に恋をしてしまい花になってしまったというギリシャ神話の少年の名前なんだそうです。そこからナルシストという言葉もできているのですね。

 


鶯宿梅(練切り) ¥183

うぐいすの「ホー…ホケキョ」というさえずりは春の訪れを告げているかのようです。身近な場所で聞くことが難しくなってきているこの頃ですが耳をすませば、ほら!どこかで「ホーホケキョ」と聞こえてきませんか?

 



早蕨(上用饅頭) ¥162

 白い綿毛に包まれた蕨の新芽が土を割って力強く伸びる様子は春の到来を感じます。そしてこの若葉はおひたしや和え物天ぷら等おいしい食材として味覚にも春を感じさせてくれます。

 アレルギー表示:やまいも