葛飾北斎の「美濃国 養老の滝」
葛飾北斎の「美濃国 養老の滝」

養老の滝

 

 養老町には日本の滝百選にも選ばれた伝説の名瀑「養老の滝」があり、貧しいながらも親孝行な木こりの源丞内がこの滝の水を年老いた父親に飲ませたところお酒に変わったと言う孝行息子の伝説を秘めた滝としても有名です。養老の滝は、養老公園の中にあり四季折々の自然あふれる遊歩道を通って行くことができます。元正天皇がこの養老の地へ行幸された奈良時代、葛飾北斎が浮世絵に描いた江戸時代、そして今を生きる私たちの令和の時代と思いを巡らすと歴史のロマンを感じずにはいられません。落差30m、幅4mの滝を目の前に体中に滝のマイナスイオンを浴び深呼吸すると、疲れた体と心が癒され、少しだけ現実を忘れ伝説のように若返った気分をあじわえるかもしれません。

 

 

 余談ですが、「養老乃瀧」という居酒屋さん…有名ですよね。この店名の由来はなんと、創業者である木下藤吉郎(本名・矢満田富勝)さんが「孝子伝説」の話に感動し、その言い伝えが残る「養老の滝(岐阜県養老町)をそのまま社名にしたといわれています。

 

 

 


養老に伝わる昔話と美味しい地酒が最高の原材料

養老 地酒けーき

 養老に伝わる有名な伝説「孝子伝説」にちなんだお菓子です。卵白のみを使ったふわふわのスポンジ生地に養老の地酒「醴泉」のシロップをたっぷり浸み込ませた和スイーツです。